無料か小額で受けられるがん検診

歳を重ねると気になりだすのが健康面の問題です。

特に癌については年々関心が高まってきます。少しでもいつもと違う症状が出るとついつい癌ではないかと疑ってしまいます。

でもがん検診を受けるとなるとなかなか重い腰が上がりません。


検査なんて受けるのも嫌なのに、いくらかかるかわからないので受けるのなんて見つからなかったらもったいなくてと言う方もいると思います。

確かに癌ではないのに人間ドックなどでかん検診を有料で受けたら損をした気分になるのは当然かもしれません。



じつはがん検診には人間ドックなどの任意型検診の他に対策型検診と言われるものがあります。

これはある条件の集団全体の死亡率を下げるのが目的の検診です。
よくあるのが市区町村がその地域の住民で対象条件が合う人を対象に行うものです。

年齢や性別によって選択された方に検診のための連絡がされます。
検診費用は、無料か有料でも小額の自己負担金で済むはずです。

住民の死亡率を低下させるのが目的なため、もっとも多い条件での受診になります。

男性なら大腸がんと前立腺がん、女性なら乳がんなどのがん検診が対象です。



その地域によって異なりますので、一度行政機関に問い合わせるとどのような検診が受けられるかわかるはずです。



癌は気になるけど費用を払ってまで受ける気はしないと言う方には朗報と言えるでしょう。早期発見することで癌の死亡率は低くなります。

せっかく費用をかけずに受けられるがん検診があるのなら使わない手はありません。